iPhone7 plusのデュアルレンズをフル活用するために

報告者:TJ 先日 ご紹介したKamerar社から発売されたレンズセットがなかなか素晴らしいので紹介します。 仕組みは このビデオでご理解頂けると思います。 iPhone7 Plusを購入したのがデュアルカメラのためという方は多いと思うのですが、それにしては現時点でその恩恵を感じるほどに活用出来ていないというのが正直なところじゃないでしょうか。 そこでこのレンズキットです。 このキットには2種類あって、ひとつはマクロレンズキット、もうひとつが魚眼・望遠レンズキットです。 今回はこの魚眼・望遠レンズキットを紹介します。 動画をみて頂くと仕組みは判ると思いますが、もう少し説明します。 まずiPhone7 Plusにはカメラが2個付いていますが、これは外側が35mm換算で28mmの広角カメラが装備されています。iPhone7 Plusで普通に撮影するとまずこのカメラを使っていると思って間違いありません。 具体的にどちらを使っているか知るには、どちらか片方のカメラを指で押さえてみれば画面が真っ暗になるので判ると思います。 その隣にあるのが35mm換算で56mmの望遠レンズです。56mmを望遠と呼ぶのはカメラの常識でいうと ちょっと違和感ありますが、28mmがiPhoneなどのスマートフォンでの標準になっているので、便宜上項呼びます。 蛇足ですが、一般的なカメラの世界では50mmレンズを標準レンズと呼ぶことが多く、このiPhoneの56mmレンズはより標準に近いのです。 このケースに付属するレンズキットは2種類ありますが、今回紹介するレンズキットは、28mm 広角カメラは魚眼レンズでより広角に、56mm望遠カメラには望遠レンズでより望遠にという仕組みになっています。 iPhoneの標準カメラアプリでは28mm広角カメラか56mm望遠カメラのどちらを使うかを指定できないので今回はこのアプリを使ってみました。 ProCam 4 スクリーンショット ーー2種類のカメラを選択することが可能です。 それでは実際の撮影データを紹介します。 写真はすべて陸橋の同じ場所から撮っています。青い行き先表示の看板にフォーカスを合わせています。 まずはこのレンズキットを使わない標準状態のiPhone7 Plusです。 上が 28mm 広角レンズ側で撮った写真、下が56mm望遠レンズ側で撮った写真です。 iPhone7 Plus 28mm 広角カメラ (レンズキット無し) iPhone7 Plus 56mm 望遠カメラ (レンズキット無し) 次にレンズキットを装着して撮影してみました。 まずは28mm広角カメラに魚眼レンズを装着した場合です。 かなり手前まで写っているのがわかります。 iPhone7 Plus 28mm広角レンズ+魚眼レンズ 次に56mm望遠カメラに望遠レンズを装着した場合です。 デジタルズームでは無く光学ズームですので、標識の文字がハッキリと読めるのが判ると思います。 56mm望遠カメラ+望遠レンズキット 次に上のオリジナル写真から一部を等倍切出してみます。 1枚目が28mm広角カメラ レンズキット無し(小) 2枚目が56mm望遠カメラ レンズキット無し(中)…

Panasonic DMC-CM1 にコンバージョンをつけてみる

iPhoneにコンバージョンレンズを装着して遊んでいたので、いまでもかなりの数のコンバージョンレンズを持っている。 最もたくさん持っているのはネジ径37mmのレンズ それ以外に iPhone用にはネジ径15mmのレンズを数種類製作した。 過去のレンズ資産を CM1で活用できるように37mmのエクステンションチューブを作ったことは報告した。 これらのレンズをつかうことでどの程度 画角が影響をうけるかを試してみる。 今回はカメラ本体と同じパナソニック製のコンバージョンレンズを2種類試してみた。(上の写真手前の2個) コンバージョンレンズなし オリジナルのDMC-CM1で撮影した下の画角がどう変わるかをご覧頂ければと思う。 まずはPanasonic製BMW-LW55 という0.7倍の広角レンズを装着した。 これはネジ部が55mmと大きいのでステップアップリングで装着した。 これで撮影すると以下の画角となる。 さすが0.7倍、同じ場所からの撮影とは思えないほどに引いた画角になっている。 右側のフェリーは全体をとらえることができているし、左の船着き場もかなり大きく切り取れている。 次に VW-LW3707M3 という0.7倍の広角レンズを装着した。        これも0.7倍の広角なのでLW55とほぼ同じ画角となった。 ここ香港では狭い道に高いビルがそびえ立っているが、全体を撮そうとしても後ろに下がれないことがある。 また狭いレストランの店全体を撮したいときや大人数での記念撮影などでもこのような広角レンズがひとつあると便利である。   次回は4k動画の切り出しと画角について。

Leica ELMAR 50mmとSLRジャケット

Elmar 50mm を入手したので先日 販売を開始した Mマウント用SLRジャケットで試写してみた。 この一風変った形状のため露出の調整がやりにくいが、今回の撮影はf2.8 開放でのみ撮影のためそれもあまり気にならなかった。 このレンズは屋外での f8での描写に定評があるのだが、先にも書いたように絞り開放で撮影した。本当ならf4くらいまで絞ってみたかったのだが、最近の香港はずっと降ったりやんだりの曇天続きで暗いこともあり絞ることなく撮影をした。 花、おもったよりシャープに撮れた。 中国伝統の狛犬、この写真を撮っている時、このレンズの最短撮影距離がキヤノン、ニコンやオリンパスに比べて長いんだということを再認識させられた。 ミニバス横の花 建物 陸橋 橋から下をみた景色、このSLR Jacketは撮影対象が動くと厳しい! 花束、このように動きのないものが撮りやすいですね。 街並み、暗く陰気だ。街の暗い部分は写真ではほぼ真暗に写っている。 これまで使った50mmレンズと比べても簡単じゃない、だが面白いレンズだと思う。 Mマウント版 SLR Jacketの情報はここで

LEICA ELMAR 50mm with SLR Jacket

Recently I was fortunate to get my hands on the ELMAR 50mm lens to use with the SLR Jacket. A more affordable of the Leica M mount lenses. This ELMAR 50mm has a nice weight to it. I don’t particularly like the shape of this lens or how it is designed where it’s hard to…

OLLOCLIP VS TURTLEBACK LENSES

Obviously there is a ton of different between our PentaEye f-pro and the olloclip. The PentaEye f-Pro is a full case, equipped with 2 tripod mounts, a strap holder, and comes with 4 individual mini lenses. Here is a look at the lens quality of the olloclip and pentaeye-f pro. Although the PentaEye f-Pro comes…

SLR Jacket – Tombo’s Log 02 (Aperture on the SLR Lens)

The SLR Jacket could be broken down to 4 different components. A. SLR Lens B. DOF Adapter C. Mount Adapter (optional depending on the lens you use) D. TJ-02 (iPhone Jacket) The DOF Adapter could be broken down into following parts. B1. Canon Mount B2. Long Tube B3. GG Holder and Focusing Screen B4. Shorter…

Soratama lens with iPhone: Test

Here is an interesting lens. Widely known as the “Soratama” lens created by Mr. Zenji Uehara is basically a clear see-through sphere placed at the middle of clear see-through plate. We’ve also used the custom macro lens used in our DOF adapter and aluminium tubes for stability. The result is a nice sturdy Soratama adapter…

NOKIA LUMIA 920 CAMERA TEST – LED LIGHT

Would Lumia 920 benefit from an external LED light? Let’s take a look! All settings were set to AUTO. The clarity of the detail is noticeably different once the LED Light is on. The high brigtness allows it to have a faster shutter speed but this advantage may not be noticeable since the subject is…

SONY XPERIA CAMERA TEST – LED LIGHT

The XPERIA Z has a fantastic camera and since we’re currently working on making camera enhancement accessories for it, I thought it’d be a good idea to take a look at how it deals low-light. I also did a test to see how it would also benefit from a LED light in a low-light situation….