iPhone7 plusのデュアルレンズをフル活用するために

報告者:TJ

先日 ご紹介したKamerar社から発売されたレンズセットがなかなか素晴らしいので紹介します。
仕組みは このビデオでご理解頂けると思います。

iPhone7 Plusを購入したのがデュアルカメラのためという方は多いと思うのですが、それにしては現時点でその恩恵を感じるほどに活用出来ていないというのが正直なところじゃないでしょうか。

そこでこのレンズキットです。

このキットには2種類あって、ひとつはマクロレンズキット、もうひとつが魚眼・望遠レンズキットです。
今回はこの魚眼・望遠レンズキットを紹介します。

動画をみて頂くと仕組みは判ると思いますが、もう少し説明します。

まずiPhone7 Plusにはカメラが2個付いていますが、これは外側が35mm換算で28mmの広角カメラが装備されています。iPhone7 Plusで普通に撮影するとまずこのカメラを使っていると思って間違いありません。
具体的にどちらを使っているか知るには、どちらか片方のカメラを指で押さえてみれば画面が真っ暗になるので判ると思います。

その隣にあるのが35mm換算で56mmの望遠レンズです。56mmを望遠と呼ぶのはカメラの常識でいうと ちょっと違和感ありますが、28mmがiPhoneなどのスマートフォンでの標準になっているので、便宜上項呼びます。
蛇足ですが、一般的なカメラの世界では50mmレンズを標準レンズと呼ぶことが多く、このiPhoneの56mmレンズはより標準に近いのです。

このケースに付属するレンズキットは2種類ありますが、今回紹介するレンズキットは、28mm 広角カメラは魚眼レンズでより広角に、56mm望遠カメラには望遠レンズでより望遠にという仕組みになっています。

iPhoneの標準カメラアプリでは28mm広角カメラか56mm望遠カメラのどちらを使うかを指定できないので今回はこのアプリを使ってみました。
ProCam 4

スクリーンショット ーー2種類のカメラを選択することが可能です。
IMG_1318_jpg.jpg

それでは実際の撮影データを紹介します。
写真はすべて陸橋の同じ場所から撮っています。青い行き先表示の看板にフォーカスを合わせています。

まずはこのレンズキットを使わない標準状態のiPhone7 Plusです。
上が 28mm 広角レンズ側で撮った写真、下が56mm望遠レンズ側で撮った写真です。


iPhone7 Plus 28mm 広角カメラ (レンズキット無し)


iPhone7 Plus 56mm 望遠カメラ (レンズキット無し)

次にレンズキットを装着して撮影してみました。

まずは28mm広角カメラに魚眼レンズを装着した場合です。
かなり手前まで写っているのがわかります。


iPhone7 Plus 28mm広角レンズ+魚眼レンズ

次に56mm望遠カメラに望遠レンズを装着した場合です。
デジタルズームでは無く光学ズームですので、標識の文字がハッキリと読めるのが判ると思います。


56mm望遠カメラ+望遠レンズキット

次に上のオリジナル写真から一部を等倍切出してみます。
1枚目が28mm広角カメラ レンズキット無し(小)
2枚目が56mm望遠カメラ レンズキット無し(中)
3枚目が56mm望遠カメラ+望遠レンズ(大)
の三枚です。

2枚目と3枚目は同じ56mm望遠カメラからの写真ですがこのレンズキットのお陰でキッチリとズームできているのがわかります。

IMG_1308_JPG.png
IMG_1309_JPG.png

Banners_and_Alerts_と_IMG_1311_JPG.png

次にこれをデジタルズームで拡大してみました。
さすがにデジタルですので粗が目立ちますがそれでも大きく撮す必要のある場合には役立ちそうです。


iPhone7 Plus 56mm広角カメラ+望遠レンズ+10倍デジタルズーム

興味のある方は下記にて購入頂けます。
Matenoro 商品ページ