ソニーQX10、QX100用ブラケットの構想

投稿日:

ソニーから発売されたレンズカメラはソニーらしい製品だと思う。

しかし使いやすいかといえばそうではなく、単体で撮るには小さすぎて安定しないし、スマホとつなぐにも時間がかかってシャッターチャンスをのがしやすい。

だからこそ最初の話題はさらったけれどその後あまり見かけなくなったのだろう。

でもやっぱりこれには未来が感じられる。

我々TurtlebackはiPhoneとそのカメラが好きで製品を作り始めた。せっかくいい写真が撮れるカメラなんだから、もっと撮影にバリエーションを持たせたいと思い、コンバージョンレンズを付けられるようにしたり、三脚穴を付けることでタイムラプス撮影ができるようにした。更には悪乗りしてキヤノンやニコンの一眼用のレンズも装着できるようにした。

でもやはりスマホのセンサーの限界があるので後付で工夫するには限界があるのも確かである。

そこでスマートフォンのカメラを拡張するという命題に対するソニーの回答が、このQXシリーズなのだと思う。

つまりスマートフォンに付いているカメラはそのままに、それとは別の高性能のレンズを使うという方法。

いまはまだ実際にカメラが捉えている映像と、スマートフォン上に表示される画像とでタイムラグがあるし、そもそも接続が面倒といった理由で使えないと感じた人が多いように想像する。

でも技術力と資金力がある会社のみに許されたこういう新しい取り組みは心の底から尊敬するし賞賛したい。

ここで開発が止まることなく、もっと使いやすいものに発展していってほしいという願いを込めて、我々なりの活用方法を考えてみたのがこのブラケットだ。Sony QX10 Solution

このブラケットにQX10を取り付ければグリップ性能がアップする。またヒンジによりチルト可能となる。

水平出しも容易になると考える。

更に撮影に時間的余裕があればiPhoneを装着すればビューファインダーとして撮影イメージを確認できる。

iPhone装着部分

またiPhoneに広角撮影を任せ、ポートレート位から望遠はQX10に任せるという撮影も可能にするためにコンバージョンレンズ用のネジを備えておく。コンバージョンレンズ装着

質感を向上させる目的でウッドグリップにするなど遊びをいれたいなぁと思ったりする。

この亀の実験室では世界で30人が欲しい!と思うものを提案していきたいと思っている。

もしこんなのが欲しいと思った人はご意見いただければ幸いです。