SLRジャケット – トンボ ログ 01

 

これまでいくつかのTurtlebackブランドの製品をデザイン、製造、販売してきました。
自分たちのアイデアを形にすることは大変ですが、出来上がった時にはめちゃくちゃ嬉しいので次を頑張ることができます。

以前作ったもののなかでも最も思い出深く、また大変だったのはなんといってもSLR ジャケットです。とにかく大きく、重くて傷つきやすい製品です。

578636_435148853221454_1748249783_n-1

SLR ジャケットはiPhone5/5s用のTurtleJacket(TJ-02)とDOFアダプタの2部品で構成されています。全体としてはジャケットもDOFもアルミで作られているので非常に頑丈そうにみえますが、ただ1点 その中に装着されているフォーカシングスクリーンは非常に傷つきやすいものです。
このフォーカシングスクリーンにはキヤノンのEg-S(キヤノン 5D MkIIに使われています) を使用しています。このフォーカシングスクリーンは簡単にキズが付きます。
何もしなくても傷がつくほどに繊細で、一旦キズがつくと使い物にならなくなってしまいます。またホコリがつきやすく、これも一旦ホコリがつくとそれを除去するのに苦労します。ホコリを取るには写真のようなエアーブローを慎重に使います。決して口で吹いてはいけません。それをやると小さな唾液がフォーカシングスクリーン表面に付着し、
いつまでも消えない小さな点が残ります。

cleaningfocusingscreen

フォーカシングスクリーンの表面には細かい縞(シマ)模様がついています。
DOFはこのフォーカシングスクリーンに映った像をiPhoneで撮影するという仕組みのため、この縞模様が撮影した映像にも現れます。フォーカシングスクリーンを振動させたり、回転させるといった工夫をすることで縞模様を見えなくすることは可能なのですが、そのために本体が大きく、扱いにくくなってしまいます。我々のDOFはコンパクトではあるのですが、縞模様の映り込みという欠点を持っているといえます。

我々のSLRジャケットは、既存の一眼レンズをiPhoneに装着するだけで、簡単に綺麗な動画や写真が撮れる魔法のような製品ではありません。iPhone単体のほうが簡単に動画を撮影できますし、既存のDSLRカメラを使ったほうがきれいな動画や写真が撮影できます。

では我々のSLRジャケットってなんのために存在するのか?

上記で述べたような面倒なことをしてでもSLRジャケットを使う意味があるのか?iPhoneだけじゃダメなのか?
次に紹介する我々の製品ユーザ 二人のビデオをご覧いただき、評価していただければと思います。

[Uneasy Lies the Mind Trailer by Detention Films]

[Video found on youtube shot with SLR Jacket]

to be continued.